ヘンリーロイド

ヘンリーロイド

1963年、創業者ヘンリー・ストレツキが、当時の最先端素材のナイロン生地に大きな可能性を見いだしマンチェスターにヘンリーロイド社を創業。自身がセイラーであったストレツキは、防水コーティングのナイロン素材に最新技術である縫い目の防水テープ処理を施した画期的なセーリングウェアを開発することに成功しました。

ヘンリーロイド

ヨットでの単独世界一周を成し遂げるフランシス・チチェスター卿、世界で初めてヨットによる単独無寄港世界一周に成功するロビン・ノックス・ジョンストン卿が着用していたウェアということで、ヘンリーロイドの名は一躍ヨット界に轟くことになりました。

その後もアメリカスカップ、ボルボオーシャンレース(旧ウィットブレッド世界一周ヨットレース)など最高峰のヨットレースにおいてさまざまなチームにウェアを提供。その経験をフィードバックすることで、最高峰の性能を持つヨットブランドとして世界中のセイラーに信頼されています。

ヘンリーロイド

1996年からは、のちに四大会連続でオリンピック金メダルを獲得し、英国の至宝と呼ばれることになるオリンピックセイラー「ベン・エインズリ」とパートナーシップ契約を締結。2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得後、アメリカズカップへの挑戦を表明した彼の活動も全面サポート。2017年アメリカズカップの英国挑戦艇BAR(ベン・エインズリ・レーシング)チームにもウェア・シューズを提供するなど、イギリスを代表するマリンブランドとしての地位を確立しています。

6