ヘリーハンセン

ヘリーハンセン

1877年、厳しい自然環境で働く船乗りのために、商船艦長を務めていたヘリー・ジュエル・ハンセンが防水ウェアメーカーをノルウェーの港町モスに設立。創業翌年の1878年、キャンバス地に亜麻仁油を染み込ませ、特殊加工した防水コートをパリ万国博覧会に出展。当時としては画期的な防水性が話題となり、最優秀賞を受賞し、ヘリーハンセンの名は一躍全世界の注目を集めました。

ヘリーハンセン

以来140年と世界最長の歴史を誇る防水ウェアのメーカーとして、オイルスキン、フリースの原型であるファイバーパイル、熱伝導率が低く、速乾性に優れるポリプロピレン製のアンダーウェアLIFAなどヨットセーリング界に最新のテクノロジーを駆使したウェアを提供してきました。

ヘリーハンセン

創業以来防水テクノロジーを追求し、革新的な製品を開発してきたヘリーハンセンが、2004年ついにデッキシューズを世界同時発売。その斬新なデザインはノルウェーデザイン賞を受賞するなど世界中で評価されています。

11