パラブーツ

パラブーツ

フランス・パラブーツはリシャールポンペールファミリー三代に渡って受け継がれている伝統的なレザーシューズブランドです。

パラブーツ 

そのルーツはレミー・リシャールポンヴェールが開いたフランス東部の町の小さな靴工房でした。1919年、彼はアメリカ滞在から、1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。そのラバーブーツにインスピレーションを得た彼はブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、ラバーソールの自社生産を開始。それと同時にそのソールを使い、タウンシューズのブランドをスタートしました。
それがパラ港にちなみ命名された「パラブーツ」です。

パラブーツ

歩くための道具に留まらず、それ以上の価値を提供すること。それがパラブーツの企業理念です。この理念のもとにパラブーツの靴は、履きやすく、機能的で堅牢な実用靴を作り続けています。加えて流行に左右されない普遍的なデザインで、年齢を問わず永く愛用できるシューズ作りをしています。

パラブーツは設立当初から変わらぬ伝統的な製造方法がとられており、150以上もの工程の手作業によって作られているハンドメイド製品です。またパラブーツは自社の靴に用るソールを自ら製造する世界で唯一のシューズメーカーであり、創業以来変わらない魂と厳しい基準のもとにパラブーツは作り続けられています。

13